LICHT

LICHT

PRODUCTS
STANDARD

illustration by SHINTAROU MURAO

NO SIGN OF DESIGN CHAIR

リチャード・ヒュッテンによる簡素過ぎる椅子。その名も「NO SIGN OF DESIGN CHAIR」。これは彼のデザイン理念でもある。椅子本来の使い方、意匠美を突き詰めた結果 このような平面的な椅子に行き着く。毎日の繰り返しの中で椅子はどの家具よりも視覚と身体に触れる。であれば潔い意匠にこそ日常美があるのではないだろうか。平面的過ぎてわかりずらいが、背もたれは僅かに湾曲し、座面はうっすらと丸く窪み、使う人への配慮が見え隠れするのもプロダクツデザイナーとしての優秀さがうかがえる。壁際に何気なくそっと置かれた椅子の姿こそ彼が目指した日常の風景なのではないだろうか。

リチャード・ハッテン、1967年オランダに生まれる。1991年、アイントホーフェン工業デザインアカデミーを卒業し、自身のスタジオを設立。プロダクト、インテリアなど様々なフィールドでデザインプロジェクトを敢行する。その後、1993年、ダッチデザインブームの中心的な役割を担うことになるドローグデザインのメインメンバーとして参加。独自の思考から生み出されるデザインワークは見る者を強く惹きつける。それは彼の主たるデザインコンセプトである「デザインで人を幸せにしたい」という思いが作品を通じて伝わるからだろう。

カラーは、ライトブルー、イエロー、レッド、ホワイト。

ご購入の備考欄の希望のカラーをお書き下さい。

Standard

W410 D430 H80 SH4500

Richard Hutten / Netherlands / 2002

43,000円(税込46,440円)