LICHT

LICHT

TAKAHIRO TSUCHIDA
DESIGN COLUMN Vol.6
Flight jacket - Marc Jacobs

「MA-1」をはじめとするアメリカ軍用フライトジャケットが、記憶にある中で最初に流行したのは、映画「トップガン」が公開された1980年代後半のこと。その次は90年代半ばで、現行品とは異なる素材感やディテールをもつヴィンテージ品が一部の人々の憧れだった。以降、当時のモデルを忠実に復刻したものが現れ、現代のデザイナーがアレンジを加えた製品も増えて、このかたちはひとつの定番になっていく。毎年、どこかのブランドがそれぞれのセンスやこだわりをもって、フライトジャケットの要素を取り入れた新作を発表しているに違いない。

アメリカ空軍(当時は陸軍航空軍)が初めて採用したナイロン製フライトジャケットは、1945年に登場した「L-2」だそうだ。やがて仕様の異なる「L-2A」「L-2B」が生まれ、最も有名な「MA-1」は防寒機能を高めた発展形として1955年に登場する。「L-2」より前のフライトジャケットの表地は、天然素材のレザーやコットンだった。ナイロンはストッキングの素材としては1940年までに実用化されていたが、衣類の表地に使われたのはフライトジャケットが最初だったと推測できる。この素材が軍用パラシュートに用いられていたことに、発想のヒントがあったのかもしれない。

やはり1950年前後、アメリカ人デザイナーのチャールズ&レイ・イームズは、グラスファイバー強化プラスティック(FRP)一体成形の座面をもつ椅子を完成させた。この技術はアメリカ軍が開発したものとされ、イームズ夫妻は戦闘機のFRP製レーダードームを製造していたジーニス・プラスティックスと組むことで、初期型のプラスティック・シェルチェアを製品化している。歴史上、新しいテクノロジーが生まれて普及する過程で軍需品がきっかけになることは多い。ナイロン製の衣類も、軍用から防寒用アウトドアウェアとして、そしてカジュアルウェアとして徐々に普及していったのだろう。

写真のマーク ジェイコブスのフライトジャケットは、約15年前の冬にニューヨークを訪れたとき、バーグドルフ・グッドマンに並んでいた。胸のオキシジェンホースタブ、ジッパー下部のフラップ、エポレットなどの特徴から「L-2B」初期型がベースらしい。裏地やリブのカラーなどがアレンジしてあるものの、基本的には原型を踏襲したつくりだ。定価は4000ドル以上だったが、セール時期で半額だったものを店員がさらに半額にしてくれた。フライトジャケットの細かい仕様をイタリア製で再現するには、その価格は適正なのかもしれない。現在は以前に比べて、過去にあったものを断りなく参照したデザインが許容されにくいし、デザインの判断基準に政治性を求める傾向も強まっている。フライトジャケットは、そんな議論とずっと無縁のところにあったが、今後はその意味合いも変化していくのだろうか。

The MA-1 and other U.S. military flight jackets first became popular in the late 1980s when the movie "Top Gun" was released. The next was in the mid 90's, when some people yearned for vintage products with different materials and details from the current products. Since then, faithful reprints of models from that time have appeared, and more and more products have been arranged by modern designers, and this form has become a standard. Every year, some brand must release a new version with elements of the flight jacket, with their own sense of style and attention to detail.

The first nylon flight jacket adopted by the U.S. Air Force (then Army Air Forces) is said to be the "L-2", which was introduced in 1945. Eventually, the L-2A and L-2B were developed with different specifications, and the most famous MA-1 appeared in 1955 as an advanced version with enhanced thermal protection. Prior to the L-2, the outer fabric of flight jackets was natural leather or cotton. Nylon had been commercialized as a material for stockings by 1940, but flight jackets were probably the first time it was used for clothing. The fact that this material was used for military parachutes may have been the inspiration for the idea.

Around 1950, the American designers Charles and Ray Eames completed a chair with a seat made of fiberglass-reinforced plastic (FRP). This technology is said to have been developed by the U.S. military, and the Eameses teamed up with Genis Plastics, which manufactured FRP radar domes for fighter planes, to commercialize an early type of plastic shell chair. Throughout history, military products have often been the catalyst for the creation and diffusion of new technologies. It is likely that nylon clothing also gradually spread from military use to outdoor wear for winter protection and then to casual wear.

The Marc Jacobs flight jacket in the photo was lined up at Bergdorf Goodman when I visited New York about 15 years ago in the winter. The chest Oxygen horse tab, lower zipper flap, and epaulettes seem to be based on the early "L-2B" model. The lining and the color of the ribs were rearranged, but basically, it was made in accordance with the original model. The list price was over $4,000, but it was half price during the sale period, and the staff gave me another half price. The price may be right for an Italian-made reproduction of the detailed specifications of a flight jacket. Today, it is harder than ever to tolerate designs that reference the past without permission, and there is a growing tendency to look for politics in the criteria for design. Flight jackets have always been free from such discussions, but I wonder if their meaning will change in the future.

Takahiro Tsuchida / Writer, Design Journalist, Born in Hokkaido in 1970.
He has been working as a freelance writer since 2001, and has contributed articles to design magazines and other media based on his interviews and research in Japan and abroad.

土田貴宏 / ライター、デザインジャーナリスト

1970年北海道生まれ。2001年からフリーランスで活動。国内外での取材やリサーチをもとに、デザイン誌をはじめ各種媒体に寄稿している。

twitter.com/th_bbc