LICHT

LICHT

PRODUCTS
VINTAGE

QUINTA

こちらの商品はヴィンテージ品となります。

スイスの建築家マリオ・ボッタが1985年にデザインしたQuinta。80年代にデザインされた細いメタルフレームとパンチングメタルが組み合わさった椅子のシリーズは、彼らしい幾何学形態の建築とは対象的な軽やかさがある。美しい弧を描くアウトライン、折り紙のように両端を折り曲げたパンチングメタルのシートと背もたれがフレームをつなぐ。シートと背もたれを折り曲げたことで若干のクッション性があるが、座り心地というより造形的な意図をより強く感じる。空間に置かれた佇まいは、椅子というより建築を思わせる。唯一無二の存在感は他の家具では得られない。

マリオ・ボッタ(Mario Botta)は1943年、スイス出身。ヴェネツィア大学建築学科在学中にル・コルビュジェとルイス・カーンの事務所で働く。独立後はルガーノに事務所を構え、リヴァ・サン・ヴィターレの住宅で一躍有名になる。その後国内外で、美術館、銀行、図書館、博物館、宗教建築など多くのプロジェクトを手がける。日本ではワタリウム美術館がある。80年代からはデザイナーとして家具のデザインも行なっている。86年のシカゴ建築賞を始め数多くの賞を受賞している。


現行品のスタンダード、ヴィンテージとも後世に残るプロダクトをセレクトしています。永続的な使用を達成するためにリヒト サポートをご一読ください。

VINTAGE

W455 D565 H930 SH440

Mario Botta / Alias / Italy / 1985 / steel

SOLD OUT